自然素材の家の魅力

シックハウス症候群

シックハウス症候群の発病とはどんなのでしょう。

シックハウス症候群とは、新築(リフォーム)したばかりの家に住みはじめたのをきっかけに目がチカチカしたり頭痛がしたりする症状のことです。 これら症状の原因は合板やビニールクロス、集成材や化学接着剤、化学塗料といった有害物質を含む建材にあると言われています。 建材に含まれる有害物質は時間の経過とともに揮発して空気に溶け込み、室内の空気を汚染していきます。 建材から発生する揮発性化学物質では、ホルムアルデヒドが有名でしょう。

最近の住宅は気密性が高いために汚染された空気が室内に溜まりやすく、その中で生活する人がシックハウス症候群を引き起こすことになります。シックハウス症候群と似た症状を引き起こすものに化学物質過敏症があります。 シックハウス症候群は有害物質が含まれる建材が原因とされており、その建物から外に出て遠くに離れたり、対象となる有害物質を室内から取り除けば症状は出なくなります。 ですが化学物質過敏症はシックハウス症候群よりもさらに症状が重く、直接原因となっている化学物質以外にも過敏に反応するようになります。 一度発病すると様々な化学物質に影響を受けて症状が起こるのが特徴で、 原因となる住宅から離れた場所へ避難しても、他の化学物質に反応してしまうことになります。 このような症状が出て困らないよう、化学物質を建材を使わない自然素材の住宅が注目されているのです。 せっかく新築した住宅でもシックハウス症候群になって、そこに住むことが苦痛になってしまってはとても残念です。 家の傾きによる健康被害も侮れません。そのためにこのような地盤改良工事を行います。